洋楽インディーズバンドの歌詞の和訳を毎日17時に更新しています!☺︎

Adrianne Lenker – ingydar

Adrianne Lenkerさんの”ingydar”の歌詞の和訳です!

ingydar
インジダール
(Adrianneが子供の頃に大叔母の家で飼われていた、今は亡き馬の名前)

Fragilely, gradually and surrounding
命脆く、緩やかに取り囲む
The horse lies naked in the shed
納屋の中で馬が裸で横たわる
Evergreen anodyne decompounding
永遠に緑々しく、痛みを鎮める複葉
(恐らく大麻のこと?)
Flies draw sugar from his head
ハエが彼の頭から砂糖を取り出す

His eyes are blueberries, video screens
彼の目はブルーベリー、そしてテレビ画面
Minneapolis schemes and the dried flowers
ミネアポリスの陰謀とドライフラワーは
From books half-read
半分読んだ本に挟まれていた
The juice of dark cherries cover his chin
さくらんぼのジュースが彼の顎を浸す
The dog walks in and the crow lies in his
犬が歩いてきて、カラスが横たわる
Jaw like lead
彼の鉛のような顎に

Everything eats and is eaten
全ては食べ、そして食べられ
Time is fed
時間を与えられる

Early еvening, the pink ring swallows
昼過ぎ、ピンクのリングが飲み込んだ
The sphеrical marigold terrain
球状のマリーゴールド地帯
Sleepily, Venus sinks and hollows
眠そうに、金星が沈んだり窪んだり
The stationed headlight of a plane
駐在した飛行機のヘッドライト

You are as far from me as memory
あなたは記憶と同じくらい私から遠く離れてる
With fixtures fracture varyingly
固定されたものと共に多様に解体される
The juice of dark cherries cover my skin
さくらんぼのジュースが私の顎を浸す
Six years in, no baby
6年の間、子に恵まれず

Everything eats and is eaten
全ては食べ、そして食べられる

Ingydar bares a scar like a meteor
インジダールの隕石のような傷痕がむき出し
Crystalline amber guilds her cheek
彼女の頬は琥珀の水晶ギルド
Tambourine of the beech leaves lead her
ブナの葉のタンバリンが彼女を導く
To the raven playing hide and seek
かくれんぼで遊ぶカラスの元へ

Drying blueberries, figurines and the angel leans
干しブルーベリーと、立像と傾いた天使
At the head of the bed
ベッドの頭側の
The juice of dark cherries cover my chin
さくらんぼのジュースが私の顎を浸す
The dog walks in and the crow lies in his smile like lead
犬が歩いてきて、カラスが彼の鉛のような笑顔に横たわる

Everything eats and is eaten, time is fed
全ては食べ、そして食べられ、時間を与えられる
Everything eats and is eaten …
全ては食べ、そして食べられる …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。