洋楽インディーズバンドの歌詞の和訳を毎日17時に更新しています!☺︎

Claud – Ana

Claudさんの「Ana」の歌詞の和訳です!

Ana
アナ

Ana was driving
アナは運転してた
On a Sunday Afternoon
日曜日の昼下がりに
And I called her just past two
私は2時過ぎに彼女に電話をかけて
To say, “Ana, I love ya but I can’t come home to you
こう言った「アナ、愛してる、でも家に帰れないよ
And I won’t be coming home, tomorrow too”
明日も家に帰れそうにないよ」

Oh, Ana
あぁ、アナ
There’s nothing you can do
君が何をしてくれたとしても
To get me in the mood
私はそんな気分になれない

It’s been a pleasure to be your man and
君の恋人でいれるのは最高に嬉しいよ
I could hold you for every dance but
いつでも君と踊って抱きしめていたいさ
If I don’t ever take this chance then
でももしこのチャンスを逃したら
I should never have been your man
私は君の恋人では居られないよ

There
私は
Are cities
色んな街や
And countries I should go
色んな国へ行かなくちゃ
Things I want to know
知りたいこともたくさん
And I promise
約束するよ
That I’ll write you
手紙を送るって
In about a month or so
一ヶ月くらいさ
I’ll be a different guy when I come home
帰ってくる頃には私は見違えるだろう
To LA
L.Aへと
Life herе’s moving slow
ここの暮らしは穏やかだ
I’m leaving even though
だとしても私は行かなくちゃ

It’s been a plеasure to be your man and
君の恋人でいれるのは最高に嬉しいよ
I could hold you for every dance but
いつでも君と踊って抱きしめていたいさ
If I don’t ever take this chance then
でももしこのチャンスを逃したら
I should never have been your man
私は君の恋人では居られないよ
It’s been a plеasure to be your man and
君の恋人でいれるのは最高に嬉しいよ
I could hold you for every dance but
いつでも君と踊って抱きしめていたいさ
If I don’t ever take this chance then
でももしこのチャンスを逃したら
I should never have been your man
私は君の恋人では居られないよ

I was at a point in my writing where I was getting sort of sick of writing about my own life.
So I imagined myself as this 40-year-old man who decides that he needs to leave his wife to go find himself.
The whole story is like a letter to his wife, who I named Ana.
I think I was trying to say that if you really love somebody then you will work on yourself.
Because if you love somebody then you know that they deserve the best.
私は自分の人生について書くのが嫌になっちゃった。
だから、妻の元を離れて自分探しの旅に出たい40歳の男性になったつもりで書いてみたの。
アナっていう名前の妻に向けて書かれた手紙の内容のような感じよ。
私が言いたかったのは、誰かを本当に愛しているならこそ、自分磨きする必要があるってこと。
だって誰かを愛しているなら、その人を最高に幸せにしてあげるべきでしょ。

via Apple Music

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。