洋楽インディーズバンドの歌詞の和訳を毎日17時に更新しています!☺︎

Beabadoobee – Ripples

Beabadoobeeさんの「Ripples」の歌詞の和訳です!

Ripples
さざ波

Please don’t make me hide, I’ve been putting up a fight
自分を偽らせないで、私はずっと戦ってきた
What’s the use of it now? When I get pulled down anyways
打ち明けさせられたとして、今さらなんの意味があるの?
I’ve been hiding my expression, you can’t blame the reflections
こんな言い方は避けてきた、あなたはきっと責めるから
And the ripples on the ground, I might as well have drowned
地面にさざ波が立った、いっそ溺れちゃいたいよ

So I’m keeping busy, work twice as hard as you
だから私は忙しくして、あなたの2倍頑張ってる
Want you to believe me that I can pick and choose
信じてほしい、私は自分の意志で選べるよ
Said you’d let me drive your car as long as I’m with you
一緒に居るほど、あなたは私に車を運転させてくれる
Then you’d wait till we get far to tell me that you’ll be gone soon
そして遠くへ離れたなら、きっとあなたは私に別れを告げる

Feels too late right now, I’ve been holding back
もう手遅れだよね、私はずっと我慢してきた
‘Causе I’m afraid that I’m too loud six feet underground
地下に6フィート潜ってもうるさいんじゃないかって心配で
I feel alone again, stuck between my friеnds
またひとりぼっち、友達たちのおけげで私は
I guess I’ll figure my way through them, not sure how I do it
たぶん自分の道をみつける、さぁどうすればいいの
But I’m sure now, the people would listen as the water glistens
でもみんなは、きらめく水のように話を聴いてくれる
And I see my reflection, so much clearer
そこに自分の姿が反射する、くっきりと

So I’m keeping busy, work twice as hard as you
だから私は忙しくして、あなたの2倍頑張ってる
Want you to believe me that I can pick and choose
信じてほしい、私は自分の意志で選べるよ
Said you’d let me drive your car as long as I’m with you
一緒に居るほど、あなたは私に車を運転させてくれる
Then you’d wait till we get far to tell me that you’ll be gone soon
そして遠くへ離れたなら、きっとあなたは私に別れを告げる

Finding the balance with this song was quite challenging.
The night before, Matthew [Healy, of The 1975] had shown me this video of Paul Simon writing a song on a TV show from scratch.
And I realised I just wanted to make a good songwriter’s song—a classic song.
This is such a personal song: It’s about self-growth and reflection and depending on the friends around you to feel okay.
But then I go away on tour and then I’m alone.
Sometimes going away makes you come back and appreciate everything around you so much more.
この曲のバランスをうまくとるのは、かなり挑戦的なことだったわ。
前日の夜にマシュー(The 1975のボーカル)が、Paul Simonが1から曲を作るテレビ番組の動画を見せてくれた。
それで私は自分が、ソングライターの名曲って感じのクラシックな曲を書きたかったんだって気付かされたの。
これはすごく個人的な曲で、自己成長や自己認識、そして友達に頼ってもいいんだってことを歌ってる。
でもツアーに出て離れ離れになると私はひとりぼっちになっちゃうの。
たまに遠くへ離れることで、戻ってきたときに、周りのひとやもののありがたみが実感できるわ。

via Apple Music

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。