洋楽インディーズバンドの歌詞の和訳を毎日17時に更新しています!☺︎

Big Thief – Mary

Big Thiefさんの「Mary」の歌詞の和訳です!

Mary
メアリー

MEMO
Mary = Adrianne Lenker氏の親友の名

Burn up with the water
水とともに燃え上がり
The floods are on the plains
平野に洪水がもたらされて
The planets in rows
惑星は列を成す
Who knows what they contain?
そこには何が収められているの?
And my brain is like an orchestra
私の脳はオーケストラのように
Playing on, insane
めちゃくちゃに演奏してる
Will you love me like you loved me in the January rain?
雨降る1月のときのように、私を愛してくれる?

Mom and Dad and violins
ママとパパとバイオリン
Somber country silence
憂鬱な田舎の静けさ
The needle stopped the kicking
針が私を鎮めてくれる
The clothes pins on the floor
床に散らばる洗濯バサミ
And my heart is playing hide and seek
私の心はかくれんぼをして遊んでる
Wait and count to four
4つ数えて、もういいかい
Will you love me like you loved me and I’ll never ask for more
もうこんなこと頼まないから、あのときのように愛してよ

What did you tell me Mary
なんて言ったの、メアリー
When you were there so sweet and very
すてきな満天の星空のもとで、あなたは
Full of field and stars
何かを言ってくれた
You carried all of time
いつでも支えてくれた
Oh and, heavens, when you looked at me
あぁ、あなたに見つめられると、天国のよう
Your eyes were like machinery
あなたの目は機械のようだった
Your hands were making artifacts in the corner of my mind
あなたはその手で、私の心のすみっこに人工物を作った

Monastery monochrome
モノクロの修道院
Boom balloon machine and oh
風船膨らましマシーン
Diamond rings and gutter bones
ダイヤの指輪とドブに沈む骨
Marching up the mountain
機械は山を登る
With our aching planning, high and smiling
やるせない計画とともに、キマって笑って
Cheap drink, dark and violent
安い酒、暗くて暴力的
Full of butterflies, the violent tenderness
蝶に囲まれた、暴力的な優しさ
The sweet asylum
やさしい避難所
The clay you find is fortified
みつけた粘土は硬くてつよい
We felt unfocused fade the line
気が散漫で、線もぼやける
The sugar rush, the constant hush
糖分でアガって、定期的にサガる
The pushing of the water gush
噴き出る水の水圧
The marching band when April ran
逃げ出した4月のマーチングバンド
May June bugs fly and
春の虫が飛び交って
Push your gin Jacob
疲れ細ったブランデーみたいな
With the tired wiry brandy look
あなたのJacobジンを押す
Here we go round, Mary
さぁ歩き回ろうよ、メアリー
In your famous story book
有名な絵本の中の世界を

We overcome the sirens
私たちはサイレンに打ち勝った
We look both left and right
私たちは左も右も見た
And I can feel the numbness accompany my plight
苦しい状況に立たされると、痺れた感じになる
And I know that someday soon I’ll see you
きっといつの日かあなたに会えるけど
But now you’re out of sight
今はあなたは視界に映らない
And you’ll kiss me like you used to in the January night
そしてあなたは、1月の夜のときのように私にキスする

What did you tell me Mary
なんて言ったの、メアリー
When you were there so sweet and very
すてきな満天の星空のもとで、あなたは
Full of field and stars
何かを言ってくれた
You carried all of time
いつでも支えてくれた
Oh and, heavens, when you looked at me
あぁ、あなたに見つめられると、天国のよう
Your eyes were like machinery
あなたの目は機械のようだった
Your hands were making artifacts in the corner of my mind
あなたはその手で、私の心のすみっこに人工物を作った

Monastery monochrome
モノクロの修道院
Boom balloon machine and oh
風船膨らましマシーン
Diamond rings and gutter bones
ダイヤの指輪とドブに沈む骨
Marching up the mountain
機械は山を登る
With our aching planning, high and smiling
やるせない計画とともに、キマって笑って
Cheap drink, dark and violent
安い酒、暗くて暴力的
Full of butterflies, the violent tenderness
蝶に囲まれた、暴力的な優しさ
The sweet asylum
やさしい避難所
The clay you find is fortified
みつけた粘土は硬くてつよい
We felt unfocused fade the line
気が散漫で、線もぼやける
The sugar rush, the constant hush
糖分でアガって、定期的にサガる
The pushing of the water gush
噴き出る水の水圧
The marching band when April ran
逃げ出した4月のマーチングバンド
May June bugs fly and
春の虫が飛び交って
Push your gin Jacob
疲れ細ったブランデーみたいな
With the tired wiry brandy look
あなたのJacobジンを押す
Here we go round, Mary
さぁ歩き回ろうよ、メアリー
In your famous story book
有名な絵本の中の世界を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。