洋楽インディーズバンドの歌詞の和訳を毎日17時に更新しています!☺︎

Big Thief – Capacity

Big Thiefさんの「Capacity」の歌詞の和訳です!

Capacity
キャパシティ

MEMO
この曲に込められた”Capacity”という単語の意味・ニュアンスを一語の日本語で表すのは非常に難しかったので、カタカナで表させていただくことをお許しいただきたい…。
単語の直訳としては、”収容可能数”、”限度容量”、”能力”、”器”などの意味合いがあります。

Flight is a beautiful word
飛行は美しい言葉
Flowered with consonance
調和とともに花が咲く
That’s what I’ll followed
それを私は追い求めていく
Forever
永遠に
I am a beautiful bird
私は美しい鳥
Fluttered and floating
羽ばたいて浮かんでいく
Swollen and hollowed
膨らんで窪んでいく
For heaven
天国へと

Do what you want with me
私と一緒にしたいことをしようよ
Lost in your captivity
あなたに捕われて
Learning capacity
“キャパシティ”を心得る
For make-believing everything
それは全ての思い込みの原因
Is really hanging on
いまでも続いてる

Slipping away from the party
パーティから抜け出して
Totally vacant
会場はがらんどう
Everyone gone from their bodies
誰もがその体から離脱して
You were outside kissing another
あなたは外で他の子とキスしてた
She was a friend of mine
その子は私の友達よ
I was surprised to discover
見つけて驚いちゃったよ

I wrapped my arms around her
その子をこの腕に包んであげた
She was a beautiful figure
彼女の姿は美しかった
There are no enemies
敵なんてひとりもいない
We’re make-believing everything
私たちは全てを思い込んでる
Is really hanging on
いまでも続いてる

There is a castle that stands
峡谷の高いところに
High in the canyon
お城が建っていて
The blue knights are crying together
青い騎士たちは共に泣いている
A child is holding my hand
子供が私の手を握ってくる
She is directing, the red crystal pine with a feather
羽の生えた赤い結晶の松へと、彼女は導いてくれる

Do what you want with me
私と一緒にしたいことをしようよ
Lost in your captivity
あなたに捕われて
Learning capacity
キャパシティを心得る
For make-believing everything
それは全ての思い込みの原因
Is really hanging on
いまでも続いてる
Really hanging on
私たちの思い込みは
Really hanging on
いまでも続いてる

(It involves a close friend of Lenker’s who writes short stories and novels.)
She always has a hundred stories in her brain, and they all have different worlds that she’s created with different languages she’s made up.
I remember asking her, How do you possibly remember all this stuff? How do you have the capacity to hold all this in your brain?
She told me she doesn’t think about humans having a certain amount of capacity. She feels like it’s unlimited.
Just thinking of myself as a vessel. I’m starting to think of myself as something a little bit more translucent.
Something that doesn’t necessarily contain and hold things, but [they’re] actually flooding through me.
(Lenker氏の親友である、ある短編小説作家にまつわる話)
彼女はいつでも頭の中に100つの物語があって、そのどれもが、彼女が作り上げたそれぞれ異なる言語で成り立っているの。
よくそれだけ覚えていられるね、って聞いたのを覚えてるわ。どうやってその脳の”キャパシティ”に収めてるの?って。
すると彼女は答えてくれた。人間の”キャパシティ”は一定なものじゃなくて、無限だと思う、って。
私は、自分自身を”器”だと考えてみると、もうちょっと透けたものに思えはじめたの。
必ずしも何かを収めておくためのものじゃなくて、そこから溢れ出てくるものだ、ってね。

interview with Newsweek

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。